オブリークペンホルダー

By Barbara Calzolari,
italian master penman. Barbaracalzolari 

About Handwritmic

イタリアハンドリトミック社

​イタリア北部、ビエッラ州に位置する ハンドリトミック社製です。

現代のカリグラファーのために、美しいツールをデザインし、創ることを使命としています。

無数にある文字スタイルにより、カリグラファーの思いを表現する使い方の広い新しいツールを作っています。イタリアの宝石細工の職人と木工旋盤職人とも協同しています。

Oblique.JPG

By Barbara Calzolari,
italian master penman. Barbaracalzolari 

cherrywood_001.jpg

​ペンホルダー

24金メッキで仕上げた真鍮のフランジがついています。

わずかに動く真鍮のフランジにより、スペンサリアン体とカッパープレート体に向いています。

oblique.jpg

 Nikko Gのニブ付き

Nikko G のニブが最初からセットされており、角度を変えるなどの調整は必要ありません。

代用ニブとしては、Zebra G、 Zebra G hard、Zebra G titanium がございます

 

cherry_olieve.jpg

ボディーについて

人間工学に基づき、持ちやすいペンホルダーは、食品業界で用いられる高い基準をクリアしたナチュラルな透明の塗料を塗ることで、インクのシミを防ぎます。

インクが付いても、濡れた布等でふき取っていただけます。

​※自然由来の材料を使用しているため、木目など見た目のばらつきがあります。

​・桜材製とオリーブ材製があります。

​両社とも固い木材であって、ペンホルダーとしての機能的な違いはありません。

材質の違いは、ボディーに見られる木目の出方などのデザインとしての差異です。

​・バーバラ カルツォラーリ氏によるカリグラフィーの書かれたパッケージ。

イタリアの有名なカリグラファーである、バーバラ カルツォラーリ氏デザインのパッケージ。

​・ニブとの相性

■相性の良いニブ Nikko G、Zebra G、 Zebra G hard、 Zebra G titanium

​■調整の要るニブ  Hunt 

ニブの変更.jpg

より小さいHuntやGillotのニブも使えますが、ニブを正しい位置にセットするため、

ペンチ等で突起の耳部分(画像内*の部分)をつまんで調節して下さい。)

但し、真ん中に調整できなこともあり、必ずしもこのホルダーが向いているとは言えません。

​・イタリア製